介護老人保健施設の薬剤師のメリットは?

介護老人保健施設TOP >> FAQ >> 介護老人保健施設の薬剤師のメリットは?

介護老人保健施設の薬剤師のメリットは?

薬剤師の介護老人保健施設の募集は決して多くないですが、求人が出ると多くの人が応募する傾向が見られます。介護老人保健施設の薬剤師のメリットとして、働き甲斐のある所がまず挙げられます。介護老人保健施設の入所者と毎日接しながら仕事をしていくので、信頼関係を構築していくそのプロセスに魅力を感じているという薬剤師の方は少なくありません。

介護老人保健施設における薬剤師の仕事ですが、医者の指示に従って、入所者に薬を渡すのが中心です。介護老人保健施設のような高齢者の場合、結構薬を渡すと飲むのを嫌がる人は多いです。「のどにつっかえてしまうから」とか「苦い」、中には「もう大丈夫だから必要ない」という人もいるようです。このような厳しい状態からいかに相手に納得させられるか、これが薬剤師の腕の見せ所です。薬剤師が高齢者の方でもわかるように薬の内容を説明して、どうして薬を服用する必要があるのかを説明します。最初のうちは聞く耳を持たなかった高齢者も、もしかすると粘り強く説得することで薬への印象が変わるかもしれません。最初は嫌がっていた入所者も、徐々にいうことを聞いてくれ、自分から服用していくようになれば、達成感を味わえるでしょう。このような感覚は、調剤薬局やドラッグストアに勤務していてもなかなか味わえないはずです。

介護老人保健施設の薬剤師のメリットとして、他の職員から頼りにされるということも挙げられます。看護師や介護職員など、他の医療スタッフも数多く働いています。介護職員の中には、ベテランを中心に入所者の薬に詳しい人ももちろんいます。ところがその一方で、ほとんど薬に関する専門的な知識を持っていない職員も意外と多いです。

そのような介護職員で、薬のことでよくわからないことがあれば、いろいろと薬剤師に話を聞いてくるでしょう。このように頼りにされることで、仕事に対するやりがいとか使命感を持てるのは、介護老人保健施設で勤務しているからこそのメリットといえます。時間があれば介護職員に対して、病気の症状から処方された薬がどのように効くのかというところまで詳しく説明できれば、介護職員を教育できるかもしれません。このような経験も、他の職場で働いていてもなかなか味わえないことでしょう。

高齢化社会がどんどん進んで、介護老人保健施設も日本全国に増えています。そこでいかに質の高い介護をしているかアピールして、入所者を取り込むことも要求されています。薬剤師が活躍して、しっかりとした医薬品による治療ケアができれば、それも売りの一つになるでしょう。

介護老人保健施設の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師<※介護老人保健施設>求人ガイド All Rights Reserved.