介護老人保健施設の薬剤師の配置基準は?

介護老人保健施設TOP >> FAQ >> 介護老人保健施設の薬剤師の配置基準は?

介護老人保健施設の薬剤師の配置基準は?

行政は増大する高齢者の福祉対策に力を注ぎ、様々なサービスを提供しています。そのうちの一つが介護老人保健施設です。介護老人保健施設には医師や看護師、ケアマネージャーなど老人福祉に必要な人材が配置されていますが、薬剤師についても設置基準が定められていて、その指示に従う必要があります。介護老人保健施設への薬剤師転職を考えているなら、どの施設に薬剤師が設置されているのか関心を抱く人も多いはずです。法律上定められた基準を知っておくことで、狙いを定めて転職活動を行なうことができます。

介護老人保健施設では300人の入所者に対して一人の薬剤師を設置することが義務付けられています。しかしながら300人を超える入所者を有する施設はなかなかないのが実情です。つまり薬剤師を設置していない介護老人保健施設が多いことがわかります。しかし不測の事態に対処するために薬剤師は必要不可欠な存在ですし、入所する高齢者に医師の処方に基づき薬をすぐに提供できれば健康維持にも役立てることができます。行政が抱える課題は多くありますが、今後この人数指標がさらに強化されると、薬剤師の採用率も上がることが期待できます。

介護老人保健施設の入所者300人基準に満たない福祉施設でも、薬剤師を配置して老人福祉に力を入れる施設が増えています。こうした動きが活発化すれば、介護老人保健施設での薬剤師採用は増加します。また医療機関が介護老人保健施設を運営している場合には、病院に勤務する薬剤師が出向する形で業務を行なう場合もあります。もし介護老人保健施設での求人案件が少ないと感じる場合には、福祉施設を運営する病院が薬剤師を募集していないか確かめてみることもできます。場合によっては兼務する機会が開かれるかもしれません。

課題の多い介護老人保健施設ですが、薬剤師にとっては今後採用数が増えることが期待できる分野です。しかし状況が整うまでは時間がかかるため、今のところ求人情報を入手することは簡単ではない場合もあります。その場合には転職エージェントのサポートを受け入れることも考えると良いでしょう。転職エージェントは介護老人保健施設での薬剤師求人情報も入手できるよう、情報収集にあたり、希望に合わせた求人を紹介することができます。給料や待遇がより良い職場での勤務を考えている場合にも、転職エージェントは力になります。転職を成功させてきた多くの薬剤師が利用している転職エージェントを活用してみることをおすすめします。

介護老人保健施設の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師<※介護老人保健施設>求人ガイド All Rights Reserved.