介護老人保健施設の薬剤師の求人倍率は?

介護老人保健施設TOP >> FAQ >> 介護老人保健施設の薬剤師の求人倍率は?

介護老人保健施設の薬剤師の求人倍率は?

全国的に薬剤師不足が続いているため薬剤師の転職は売り手市場で、転職しやすいのが実情です。介護老人保健施設での薬剤師求人についても同様で、薬剤師免許を持っているならば、それを有利に活用できる分野であると言えます。地域によってある程度の差はありますが、薬剤師を必要とする介護保健施設は増加しており、今後も薬剤師の需要は高くなる分野です。薬剤師の受け入れを特に強化しているのは介護老人保健施設を運営している医療法人で、総合病院を経営する医療法人が、事業拡大で介護老人保健施設の運営を始めるケースが目立っています。

総合病院を運営する医療法人の場合、薬剤師を病院側で採用することで施設でも兼務させることができます。介護老人保健施設の薬剤師設置基準は300人の入所者と定められており、大規模事業者に事実上限っています。そのため、薬剤師を配置できる施設は限られてしまいます。しかし、病院のように薬剤師の人材が豊富な施設では、基準に満たない施設にも敢えて薬剤師を配置することで、周辺地域の高齢者の信頼感を高めることができます。高齢者向けの福祉施設も、今後はサービスの面で競争が激化することが確実ですから、今から将来に備えて薬剤師を募集する狙いもあります。そのため、薬剤師の求人倍率が高くなる傾向が生じているのです。

医療福祉分野での薬剤師の必要性は今後も続きます。高齢化社会が現実のものとなり、今後は超高齢化社会と呼ばれるこれまでの日本が経験したことのない時代を迎えるようになります。その時には、薬剤師をはじめとする医療従事者の必要性がさらに高まり、薬剤師にとっては複数の職場から自分に合った職場を選べる時代が訪れることになる可能性もあります。薬剤師にとって求人倍率の高い介護老人保健施設は、魅力ある職場と言えるのです。

数ある介護老人保健施設での薬剤師求人を探す場合に、自分の希望する職場を選びたいと思っている人も少なくありません。その場合、助けになってくれるのが転職エージェントです。転職エージェントとは、薬剤師系の求人を手掛ける情報提供企業が転職希望者向けに提供しているサービスのことで、医療機関での勤務経験を持っているため、介護老人保健施設を選ぶ際にも求職者に合った求人情報を提供することができます。また、転職エージェントは報酬や待遇面で優れた条件を提示する非公開求人情報も提供できるため、自分の希望する仕事が見つけやすくなります。

介護老人保健施設の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師<※介護老人保健施設>求人ガイド All Rights Reserved.