介護老人保健施設の薬剤師の自己PRは?

介護老人保健施設TOP >> FAQ >> 介護老人保健施設の薬剤師の自己PRは?

介護老人保健施設の薬剤師の自己PRは?

介護老人保健施設への薬剤師転職を成功させるために考えておきたいのが自己PRです。自分の長所をアピールすることが求められますが、中には苦手と感じる人も少なくないでしょう。アメリカでは幼少のころから自己PRの仕方についての訓練を受けているため、自分の長所を上手にアピールすることができる人が少なくありませんが、日本では自己PRを苦手とする人が多くいます。儒教思想が関係していると言われますが、転職の際には自分を客観的に評価し、採用者側に正しく自分をアピールできるようにすることが求められます。

転職の場合、これまでの実績やスキルをアピールすることができます。例えば、製薬業務に携わってきた過去があれば、製薬分野で成し遂げてきたことを伝えることができますし、病院などの院内薬局で勤務してきた経験があれば、患者たちとのコミュニケーションを通じて信頼関係を築くことができた点や、相手を喜ばせることができたエピソードなどを自己PRとして活用することが可能です。自分のこれまでの実績をアピールすることに恥ずかしさを感じていると、長所を前面に出すことができなくなるため、恥ずかしさを捨てる勇気が必要と言えます。

介護老人保健施設への転職の場合、高齢化社会を見据えた薬剤師としての役割について自己PRできる機会になります。例えば、ボランティア活動に参加してきた経緯があるならばその点を活かして、人のために自分ができることを精一杯することを生きがいにしているといった点をPRすることができます。もちろん、福祉関係の分野にこだわる必要はありません。何かを続けてやり遂げてきたものがあればそのことを引き合いに出して、自己PRにつなげることができます。薬剤師としての分野だけでなく、自分の生き方全般から自分の長所を見つけて自己PRをすると、相手の注意を惹くことができるでしょう。

介護老人保健施設への薬剤師転職を考えている場合、自己PR方法をどうすればよいかアドバイスが欲しいと思う時があるかもしれません。そのような場合、すでに転職経験のある友人がいればアドバイスを求められますが、必ずしもすべての人にそれができるわけではありません。その場合には、薬剤師向けの求人情報サービスが提供する転職エージェントのサポートを利用することをおすすめします。転職エージェントは転職に成功した薬剤師たちの事例を知っており、最善の提案をすることができますので、積極的に活用することが大切です。

介護老人保健施設の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師<※介護老人保健施設>求人ガイド All Rights Reserved.