介護老人保健施設の薬剤師の離職率は?

介護老人保健施設TOP >> FAQ >> 介護老人保健施設の薬剤師の離職率は?

介護老人保健施設の薬剤師の離職率は?

介護老人保健施設における薬剤師の仕事ですが、時として激務になる可能性があることは覚悟しておきましょう。というのも介護老人保健施設の基準として、入所者300人に対して薬剤師1人というものがあるからです。入所者300人を超えるような介護老人保健施設はあまりないですから、介護老人保健施設で薬剤師は1人だけというケースも決して珍しいことではないのです。となると介護老人保健施設で取り扱っている薬の総合的な管理を、薬剤師が一手に引き受けるという形になってしまいます。

介護老人保健施設にはいろいろな持病を抱えた入所者がいます。となるとおのずと、幅広い分野の医薬品の管理を薬剤師は行わないといけません。そのなかにはもしかすると劇薬といわれる医薬品も含まれるかもしれません。例えばこの劇薬が、データと実際にある量が一致しないということになれば一大事です。また入所者の中にはいろいろな持病を抱えていて、複数の種類の薬を服用する必要のある人もいるでしょう。その場合にはそれぞれの薬の種類を確認して、飲み合わせに問題がないかどうか確認する必要も出てきます。このようにいろいろな仕事をこなしていかないといけないので、どうしても薬剤師の仕事は大変になります。ですから、仕事の処理が追いつかず、疲れてしまって離職するというパターンもあるにはあります。

ただし離職率は低くなかったとしても、募集が頻繁に出てくるかというとそれは違います。先ほども見たように、300人の入所者のいる介護老人保健施設で薬剤師は1人いればいい基準となっています。ですからもともと薬剤師のポストが介護老人保健施設では少ないのです。離職が出たとしても、決して求人の数は多くないです。しかも欠員を補充するための募集だと、採用されるのは1名だけです。そうでなくても介護老人保健施設の薬剤師募集で、大量採用している所はまずないと言っていいでしょう。実際求人情報をインターネットで探してみても、なかなかヒットしないはずです。求人の数が少ないので、なかなか表に出てこないのです。

介護老人保健施設で薬剤師の仕事をするのであれば、いろいろな業務をてきぱきとこなしていく能力が求められます。企業薬剤師ではなく、調剤薬局や病院などで調剤の経験が豊富な人の方が採用されやすい傾向があります。もし調剤薬局や病院で、いろいろな患者の医薬品の調剤経験を持っているのであれば、その部分はどんどんアピールした方が良いでしょう。

介護老人保健施設の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師<※介護老人保健施設>求人ガイド All Rights Reserved.