介護老人保健施設の薬剤師の面接対策は?

介護老人保健施設TOP >> FAQ >> 介護老人保健施設の薬剤師の面接対策は?

介護老人保健施設の薬剤師の面接対策は?

介護老人保健施設の薬剤師募集も、他の案件同様書類選考から面接試験という形で採用の可否を決めるスタイルが中心です。ですから介護老人保健施設に薬剤師として採用されるためには、面接対策がきちんと行えるかどうかにかかっているといってもいいでしょう。まず面接を受けるにあたって大事なのは、身だしなみを整えることです。薬剤師の中には普段スーツを着て仕事をしないので、フラッと私服で面接試験を受ける人がいます。しかし「面接時は私服を着用するように」といわれていない限り、スーツを着用して臨みましょう。もしスーツを持っていないのであれば、ブラウスなどでも構いませんが、フォーマルな印象を与える服装を心がけることが大事です。面接試験はだいたい10〜15分程度で終了しますから、見た目の印象に引っ張られることがままあります。ですから身だしなみをきちんと整えることは、第一印象を良くするためにも大事なことなのです。

面接を受けるにあたって、行き当たりばったりでその場で答えを準備する方法は好ましくありません。やはりきちんと準備をして臨むことが、介護老人保健施設に採用されるために必要なことです。少なくても、介護老人保健施設の規模やポリシー、どのようなイベントを開催しているか、相手の情報を頭に入れておきましょう。このような情報は今では、介護老人保健施設のホームページなどで比較的簡単に入手できるはずです。

たいていの場合、面接試験を受ける前に履歴書や職務経歴書を提出しているはずです。実は介護老人保健施設の面接では、この皆さんが作成した書類の情報をもとにして質問することが多いです。もし履歴書や職務経歴書に書かれていることと面接の受け答えて言っていることが一致しないと、相手の印象が悪くなります。「いい加減に書類を作っている、やる気がない」と思われてしまうからです。

ですから履歴書や職務経歴書などを作成し終わったら、コピーして面接試験の前に見直ししておくことです。学歴や経歴などに関しては間違えることはおそらくないでしょう。しかしたとえば志望動機などは、いきなり質問されると頭の中が真っ白になってしまうこともあるかもしれません。

最後に介護老人保健施設の薬剤師の面接対策として、介護老人保健施設の求める人材と自分の薬剤師としての経歴を比較して、いかに自分がこの施設の中で活躍できるかをPRしましょう。介護老人保健施設で実務経験があればいうことないですが、もしなくても「高齢者の多い調剤薬局で業務していた」とか「病院薬剤師をしていたけれども高齢者の多い療養系の病院だった」などは有力なアピールポイントになるはずです。

介護老人保健施設の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師<※介護老人保健施設>求人ガイド All Rights Reserved.