介護老人保健施設の薬剤師の仕事内容は?

介護老人保健施設TOP >> FAQ >> 介護老人保健施設の薬剤師の仕事内容は?

介護老人保健施設の薬剤師の仕事内容は?

全国各地に広がる介護老人保健施設への転職を考えている薬剤師が増えていますが、こうした福祉施設での勤務は初めてという人もいます。病院の院内薬局での勤務経験のある人や院外薬局での勤務経験がある人でも、これまでの仕事のスタイルとは異なるため、不安に感じる人もいるかもしれません。先輩や友人に介護老人保健施設で勤務している人がいれば状況を聞くことができますが、すべての人がそのような状況にあるわけではないため、できれば事前に仕事内容を知っておきたいと思うことでしょう。

介護老人保健施設での薬剤師の主な仕事内容は、処方箋に従って医薬品を処方することと、施設内で所有する医薬品の管理です。時折製剤が発生することがありますが、急患については総合病院へ搬送されるためその機会はほとんど無いと考えてよいでしょう。また、入所者向けの服薬相談や指導なども行います。高齢者の場合、処方されるいくつもの薬を飲むことに不安を感じている人も少なくありませんから、薬剤師が親切に薬の効能などについて説明することで不安を取り除くことができるのでとても大切な仕事です。

施設内の医薬品の管理も薬剤師の役割ですが、入所者向けに処方する医薬品が在庫切れにならないように監督することも必要になります。適切に管理して発注することで医薬品を確保し、不測の事態に備えます。医師たちと連携して、薬剤師としての役割を果たすことが介護老人保健施設では期待されています。介護老人保健施設は24時間入所者の状況に備える必要があります。そのため当直があったり、残業が発生したりする場合もあります。責任感のある方が勤務することで入所する高齢者の信頼を得ることができ、やりがいのある仕事を果たすこともできるようになります。

介護老人保健施設で働く薬剤師たちの役割や仕事内容についてさらに知りたい場合には、薬剤師向けの求人情報サービスが提供する転職エージェントを活用することをおすすめします。転職エージェントは数々の転職実績を持ち、介護老人保健施設との綿密なパートナーシップを築いています。そのため、施設の勤務内容や具体的な仕事ぶりについての情報も持ち合わせていますし、職場環境や施設についての情報も提供できるため、施設で働く薬剤師がどのような仕事をしているのかに関する適切な情報も入手できます。転職エージェントを利用すれば知りたい情報が手に入りますから、利用価値は高いと言えるでしょう。

介護老人保健施設の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師<※介護老人保健施設>求人ガイド All Rights Reserved.